FFF1-J

電波操作が如何に社会と我々自身を蝕んでいるか

action android device electronics

1 陰謀は存在する

陰謀は存在する。 陰謀は昔からあり、今でもある。その形は変わったかもしれないが、陰謀自体がなくなることはない。そして、それは世界中である。それは人の性がそう…

2 日本でも陰謀は存在する

日本でも陰謀は存在する。  様々な組織や機関が日本でも陰謀を企んでいる。その中には公的な機関もあれば、民間の機関もある。日本の組織もあれば、海外の組織もある…

3 公安の無秩序

日本国内では更に問題のある行動をしている機関があり、それは公安である。日本で公安と言う場合は警察の公安部門を一般的に指している。公安調査庁も公安委員会も公安の…

4 公安と他国の諜報機関

公安は他国の諜報機関と組んでいる。一般的に、各国の諜報機関同士は連携関係があり、お互いを同盟国だと認識している場合にはその関係は密になる。日本の場合はカウンタ…

5 公安と左翼過激派

公安は左翼過激派と繋がっている。それは秘密でも何でもない。公安は左翼過激派の活動を抑えるために、過激派メンバーのスパイ化を進めてきた。それは過激派だけでなく、…

6 諜報機関の共生関係

公安を含めて、全ての諜報機関は自らが生き残るために敵を必要としている。敵が存在しなければ、国家にとって諜報機関は不必要である。ソ連と共産圏の崩壊によって、1…

7 CIAのアセット

日本にはCIAのアセットと呼ばれる人たちが多数存在する。アセットとはスパイを意味し、公安は左翼過激派をスパイとして利用しているが、それもアセットというカテゴリ…

8 CIAエージェント

CIAエージェントは一般のCIAのアセット指す言葉として使われている。ただし、その語法はおかしい。エージェントは代理できる人を指しており、例えば弁護士のように…

9 諜報機関とアセットの自己組織化

諜報機関の存在に対する最大の問題は政治のコントロールが必ずしも効いていないところにある。それはほぼどこの国の諜報機関にも当てはまり、日本の公安もその例外ではな…

10 何が問題か?

結局、問題なのは日本で陰謀を企み、工作を行っている組織が存在することである。公安とCIAがその2つの大きな組織であるが、それらに付随するアセットが存在し、その…

11 警察の拷問

警察は拷問を行っている。信じられないかもしれないが、実際にやっている。最初はやってない犯罪を認めさせるために拷問をしていたが、それが効果を発揮しないとなると拷…

12 ガスライティングについて

一般的に言われているガスライティングと呼ばれる手法は確かに存在し、公安がそれを行っているのは間違いない。ただし、そのような工作の全てが公安によるものではないだ…

13 本質的な問題

本質的に問題なのは資金を提供し、工作活動を行っている人たちである。日本の警察は捜査活動費を持っており、それは工作資金としても利用される。それがどのような使われ…

antenna clouds equipment frequency

14 脳波の同期化から制御へ

電波で人をコントロールすることは可能である。これが如何に可能であるかが理解され、そのコントロールが制限される必要がある。 人間の行動の大部分は脳でコントロール…

15 脳波研究

脳波研究の歴史は古い。日本語ではあまり資料がないが、英語ではそれなりに豊富な資料がある。外的な電波が脳波に影響を与える可能性は1950年代から議論され始めてい…

16 内臓への影響

電波による影響は脳だけでなく、内臓にも現れる。心臓の痛みや腸の痛みなども電波による内臓への影響によって生み出される。それだけでなく、電波の当て方によっては病気…

17 無線による影響

ここまでの議論は電波という前提で、体に電極を繋ぐ有線のイメージで進め来たが、実際には同様の効果は無線によっても生み出せる。 有線と無線の最も大きな違いはどうや…

18 脳波リーディング

相手に影響を与えるだけなら、脳波を読み取る必要はない。被験者に電波を当てる実験を行い、電波によって脳や体にどのような変化があったかを調べれば、電波による影響が…

19 電波のデジタル解析

電波をデジタルに解析するためには一般的にフーリエ変換を使うが、そこには分解能の限界がある。 フーリエ変換を使うと波長を数式に転換できる。この方法論は完璧ではな…

20 アナログ波長とパターニング

デジタルで波長を分析するのはかなりの困難を伴うが、それは同時にデジタルの情報を使って脳波や体の発する電波をコントロールするのが難しいことを意味している。脳波に…

21 アナログ変換と同期

複雑な電波パターンになると解析が難しくなり、デジタル的な処理が難しくなる。少なくとも、複雑な電波パターンの全てをデジタルに解析することはほぼ不可能である。 …

22 電波操作の歴史的経緯・有線から無線

電波操作は突然生まれたわけではなく、技術は歴史的に醸成され、多くの操作が常に新しく追加されている。 EEGの研究は脳に電極を着けるところからスタートしているの…

23 電波操作の歴史的経緯・レーダー

電波操作のどこかの段階でレーダーの方法論が発展する。それは超長波の電波ではなく、もっと短い波長を使っており、その技術発展は電波の操作を違うレベルまで引き上げる…

24 制御のためのデバイス

電波操作は歴史的に発展し、まだ発展途上にあり、近い将来にはもっと人間をリモートに制御できるようになる。その発展は技術的な発展であり、それらの技術は突然生み出さ…

photo of head bust print artwork

25 「電波による」頭痛

ここまで書いてきた通り、電波は脳や体に影響を及ぼせるが、問題は実際にどこまでの影響を与えられるかである。 まず、これらの電波工作を日本で実際に行っているのは公…

26 「電波による」感情の操作・ポジティブとネガティブ

電波操作は感情を制御することもできる。一部の感情は原始的な側面が強く、より単線的な脳の活動である。単線的が意味しているのは、基本的な感情は複雑な電波パターンを…

27 「電波による」感情の操作・攻撃性と恐怖感

人間の感情の方向性はポジティブとネガティブが基本であるが、より動物的な感情もある。その方向性は攻撃性と恐怖感である。この2つはポジティブとネガティブよりも古い…

28 「電波による」うつ

電波を使って、うつ的な感情も生み出せる。ただし、実際にうつになるかどうかには個人差がある。気が重い状態がずっと続けばうつになる人もいれば、それだけでは不十分で…

29 「電波による」自傷行為

自傷行為は攻撃的な感情の延長にある。その攻撃性が自己に向かった際に、自傷行為となる。 自傷行為が自己に向けられるのは、攻撃性が自己に向かうことによって他人への…

30 「電波による」自殺感情

自殺感情の一部は攻撃性の延長にあり、それは攻撃的な感情が自己に向かう結果として起こるが、その場合は感情に持続性がない。持続性がないというのは、その感情は一度消…

31 「電波による」痛みの強化

全身における全ての痛みは神経を通って脳で感じる。例えば、足の指を打ったとすると、その痛みを感じる化学物質は足の指で発生するが、その痛み自体は頭で感じる。逆に言…

32 「電波による」寒気と全身のしびれ

電波操作によって全身に寒気を感じることがある。感覚が強化された結果として寒さを強く感じているかも知れないが、実際にどのような操作によって達成されているかは定か…

33 「電波による」倦怠感

体の疲れは体全体で感じるが、それでもその疲れ自体は脳で認識されている。脳が感覚を感じられない状態にあれば、体の疲れがどれだけあっても認識されない。例えば、アド…

34 「電波による」性的な欲求

性的な刺激も強化される。性的な刺激は他の欲求とリンクしているかもしれないが、基本的に、多くの男性の場合はそのまま性欲になる。 性欲と同時に攻撃性が強化され、性…

35 「電波による」短期記憶障害

電波は全般的に脳を制御できるが、その操作によって全く何も考えられない状態になる。それがきつくなると何も思い出せなくなる。脳が機能しなくなるのはシナプスの連携が…

36 「電波による」長期記憶障害と脳の全般的な機能不全

記憶障害は短期だけでなく、長期記憶においても起こる。正確に言うと、長期記憶の中にあるものも思い出せなくなる。そこには2つの様態があり、1つは頭が機能しない結果…

37 「電波による」気絶

電波操作で気絶させることもできる。ただし、自分はそのまま気絶したことはない。同じ電波を受けても気絶するかどうかは脳の特性と個人差に依存しており、電波操作による…

38 「電波による」不眠

人を不眠に陥らせるためには電波操作は必ずしも必要ではない。寝ている部屋の外から騒音を出すだけで、対象者の睡眠を妨げられる。それは外からでも上からでも横からでも…

39 「電波による」心臓の痛み

電波がコントロールできるのは脳だけではない。理論的には、細胞の活動が行われる際に一定の周波数を出すもの全てが電波によって制御できる。それは心臓にも当てはまり、…

40 「電波による」内臓の痛み

心臓は生命の維持にとって重要な器官であるため、電波によって制御されると生死の問題が生じるが、他の臓器への電波操作も十分に大きな問題になる。 実際に、一定の周波…

41 「電波による」食欲の操作

電波によって食欲の操作もできる。ただし、自分が感じている範囲ではその操作は脳で起こっている現象ではない。 もちろん、感じるという意味においては、全ての感覚は脳…

42 「電波による」目の痛み

眼も電波操作によって痛む。基本的に眼球自体が痛むが、痛い以外に眼球が乾くときがある。それ以外のケースとして、目が痒くなることがある。乾きは眼球の現象であるが、…

43 「電波による」アレルギー症状

電波操作によってアレルギー的な症状が体に起こっているのは感じるが、まだ、どのようにアレルギー症状が起こっているかは解明できていない。はっきりしているのは、花粉…

44 「電波による」尿意

電波操作で確実に尿意を催せられる。たかが尿意であるが、実は単純なようで大きな問題である。 電波によって尿意を強くされると、ほぼ尿が出ない状態においても尿意が催…

45 「電波による」中毒症状

電波操作で中毒症状も引き起こせる。実際には中毒と言うよりも、もっと広義にオブセッションを引き起こせ、一般的に中毒症状化しないものでも中毒化する。 中毒症状の第…

gray scale image of xbox game controller

46 「電波による」トワイライトラーニング

トワイライトラーニングは必ずしも電波のみの方法論ではないが、脳波の研究領域ではある。 シータ波が強いまどろみの状態のときにだけ人の長期記憶に直接影響を与えるウ…

47 「電波による」思考の操作

トワイライトラーニングは思考の操作の中では特殊であり、直接的に長期記憶に影響を与える。それが行われていると分かっていても別の記憶が埋め込まれることがあるが、分…

48 「電波による」犯罪への誘導

洗脳は思想や嗜好のレベルだけでなく、実際の犯罪行動へとも繋がる。単線的な痛みや感情の操作から思考操作を通り、電波操作は更に複雑な影響も与えられる。そこまでの制…

49 「電波による」脳の病気

電波操作によって洗脳やマニピュレーションが行われ犯罪者になることもあるが、それ以上に、純粋に被害者になる方が多いだろう。そして、それは精神疾患が主になる。電波…

50 「電波による」内臓疾患

心臓は生命の維持にとって重要な器官であるため、電波によって制御されると生死の問題が生じるが、他の臓器への電波操作も十分に大きな問題になる。 実際に、一定の周波…

51 「電波による」体の操作

電波による体の操作は更に複雑であるが、体も制御できる。何年間も、一日中、体を操作されているが、全く想像できないように体の動きをコントロールされることも頻繁にあ…

52 「電波による」口の操作

体のコントロールができるというのは、口の筋肉も喉も操作できることを意味している。つまり、電波によって対象者の発声もコントロールできる。ただし、そのコントロール…

53 「電波による」視覚の操作

電波によって、脳内に図形も送れる。それは眼を通さずに、直接的に映像を認識させることであるが、ただし、それほどクリアな画像を認識したことはない。基本的には、形に…

54 「電波被害」電波は現実

電波工作の被害は現実である。信じられないかもしれないが、実際に大きな被害が発生している。また、電波は目に見えず、何か本質的に問題が起こったとしても、それが電波…

55 「電波被害」電波は現実・公的組織犯罪

これらの脳を操作する機械は何種類かある。高度な装置は一般的に利用できる状態にはなく、日本を含めて、政府機関が実施しない限り起きない電波操作がある。そして、一部…

56 「電波被害」電波は現実・その限界

電波操作は現実的な脅威だが、未だこの工作には限度がある。そもそも、根本的にデジタル化に限度がある可能性が高い。 単純な波長であればデジタルで処理できるが、複雑…

57 「電波被害」頭を冷やす

電波操作で脳を攻撃されると、その周波数帯によっていろいろな症状が出るものの、1つだけ確かな結論がある。それは日常生活が普通には送れなくなることである。その電波…

58 「電波被害」頭を温める

脳に様々な症状が現れると、それに合わせて頭を冷やすことによって、基本的に問題の大部分は解決する。イレギュラーな思考やイレギュラーな感情や耐えがたい痛みの大部分…

59 「電波被害」内臓の痛みは止められない

脳の痛みや歪みを抑える方法はいろいろ見つけられたが、依然として内臓の痛みを止める方法は見つからない。我慢することと無視すること以外に方法がなく、それでは限度が…

60 「電波被害」思考の操作も止められない

思考の操作もどれだけ頑張っても止められない。 ただし、正確には、一定の時間であれば止められる。簡単ではないが、禅の空に近い感覚を保てば止められる。ただし、状況…

61 「電波被害」その他の対抗策

電波による被害を受け続けても、生きている限りは何とか前に進みたいものであり、そのためには、日々の細かな事象に対してそれぞれの対抗策を実行するしかない。 やる気…

alone anime art artistic

62 「電波による工作」鳥の話

電波操作にはどのようなものがあり、どこまでできるかを話の中心にしてきたが、これがいつから自分の周りに起こっていたかを振り返る。実は、この現象はかなり昔から起き…

63 「電波による工作」幽霊の話1

霊的なものが存在するかどうかは個人の感性と宗教観の問題で、その本質については議論しない。ただし、自分はそれが存在しないと思っていて、世の中には存在すると思って…

64 「電波による工作」幽霊の話2

幽霊の話がマニピュレーションだと分かったのは実はかなり最近のことで、それが工作活動の一環だと気付いたのは、このとき以外にも自分が同じような経験をしたからである…

65 「電波による工作」ありえない感情

それからかなり時間が経ち、自分に目に見えない何かが起きていると疑うようになったのは2013年2月以降である。実際には、90年代の前半から自分の周りには明らかに…

66 「電波による工作」聞こえる声

2013年3月に入る頃には違う不安に囚われるようになった。それは自分の考えが盗聴されているという不安であった。盗聴自体はずっとされていたので気にならなくなって…

67 「電波による工作」動く体

2013年4月に入ってすぐのある1日、体が制御できないくらいに勝手に動きだした。それは部屋の中を走り回ることから始まった。体が勝手に部屋を走り回り、自分には制…

68 「電波による工作」確信

体が勝手に動き出した時点で、何らかの見えない方法で体を操作できることだけは確信した。 この2013年春に先行する半年間に、CIAを中心とするファイブアイズの諜…

69 「電波による工作」動く体2

電波で操作されていると確信を持った時点で、自分の人生を振り返ってみると、この体が動くというのは以前にも経験したことがあった。それは2001年4月か5月のある1…

70 「電波による工作」原因不明の頭痛

自分の人生をよく振り返ってみると、原因不明の頭痛に悩まされている時期があり、それは1996年から1998年の頃だった。 鈍痛のような頭痛がずっと続き、生活にい…

71 「電波による工作」狭心症的な胸の痛み

更に思い返してみると、狭心症的な胸の痛みを感じている時期もあった。いつの頃か正確には思い出せないが、それは1994年以降であり、いつ終わったかは思い出せない…

72 「電波による工作」すい炎

自分がすい臓をやられて入院したのは1991年である。動けなくなるほどの腹痛が襲い、翌朝に病院で見て貰うとすい炎と診断され、そのまま違う病院に入院した。 これが…

73 「電波による工作」小脳梗塞

小脳梗塞も何度か経験したが、電波操作によって引き起こされたとその時点で認識していたのは一度だけであり、それ以外はそれが小脳梗塞だとは思っていなかった。おかしな…

74 「電波による工作」気絶

正確に言うと、自分は今まで気絶したことはない。薬を入れられて気を失ったことはあるので、それを気絶とカウントすることはできるが、電波による気絶は一度もない。 た…

75 「電波による工作」マニピュレーション

自分の人生を振り返ると、これらの一つ一つの症状だけでなく、かなり前から電波によるマニピュレーションを受けていた。ただし、どれくらい行動が操作されているかは、…

76 「電波による工作」聞こえない声

1つの問題は、どこまで電波でマニピュレーションできるかという点である。人を利用したマニピュレーションは工作者と対象者と接触しない限り効力を発揮しないが、電波…

77 「電波による工作」感情の操作

声が聞こえるようになったのは2013年3月終わりか4月の初めだが、その少し前から感情がコントロールできないようになった。時々、異常な感情を感じるようになってい…

78 「電波による工作」生死の危険

2013年の春以降は本当におかしくなった。それまでは電波は隠微な形で存在し、それよりも明らかな拷問や監視が中心であったが、そこからは電波操作をほぼ隠すことが…

79 「電波による工作」あからさまな操作

2013年春から電波による操作はあからさまになったが、それはまさに拷問であった。それまでも操作はあったものの、分からない形で実行されており、それはそれで問題で…

80 「電波による工作」電波への対抗

ずっと電波の思うままに操作され、思考だけでなく、生活のいろいろな側面がコントロールされていたが、あからさまな暗殺はなくなった。自分の存在が目立つようになり過ぎ…

81 「電波による工作」現況

これを書いている今でもこの状況は基本的に変わっていない。自分は24時間拷問を受け続け、24時間電波工作の被害を受けている。ただし、1つ1つ対策を考えてきた結果…

crime scene do not cross signage

82 「電波による工作」致死的な病気

一般的な議論として、どこまで電波で工作できるかを理解することは重要である。これまでは電波の方法論と自分の被害について書いてきたが、それとは別に、電波操作はどの…

83 「電波による工作」重い精神病

実は、電波では重い精神病を引き起こせない。ただし、重い精神病に見える症状は引き起こせる。それは幻聴などの統合失調症に見られる症状や、あるいは、うつや感情障害の…

84 「電波による工作」軽い精神病

軽い精神病は電波で引き起こせ、その場合、実際の病気か電波によるものかはほぼ区別できない。ただし、軽い精神病を起こす工作には意味がないので、軽い症状であれば、普…

85 「電波による工作」思考リーディング

思考リーディングは電波によってできるが、技術的にはより難しい。思考を無線で送る方が難しいのか、思考を読み取る方が難しいのか、これに答えるのも難しい問題である。…

86 「電波による工作」中川昭一の痛みと不規則発言

中川昭一が財務相を辞任する原因になったイタリアの記者会見は2009年2月に行われた。あの症状は電波でできる。と言うよりも、あれは電波操作の結果である。 自分も…

87 「電波による工作」信用の毀損

信用の毀損は比較的簡単であり、社会的に著名になっている場合は、その発言や行動を電波で一部制御するだけで簡単に毀損できる。ただし、信用の毀損は電波を使う必要もな…

88 「電波による工作」自殺について

工作対象者を取り除くための効果的な方法の1つが、自殺に追い込むことである。電波によって自殺を導いた場合は、それは本来的には暗殺であるが、そもそも自ら死んだので…

89 「電波による工作」不可解な病気

不可解なのは自殺だけでなく、不可解な病気もある。電波によって致死的な病気に罹る場合があり、その場合は最終的に死に至る場合が多いが、引き起こせる病気は必ずしも致…

90 「電波による工作」日本の首相の突然死

戦後、突然死した日本の首相は2人存在する。先進国のリーダーが突然死するケースはあまり聞かない。それよりも、暗殺によって殺されてしまう場合の方が多いかもしれない…

man lights legs silhouette

91 「電波による工作」誰が実行したか?

電波による被害があり、その中に多数の政治的陰謀や暗殺があるのは間違いないが、どの件が電波によって引き起こされたかは正確には分からない。ほぼ確実だと思われる事案…

92 「電波による工作」CIAとファイブアイズ

CIAはこの電波の技術を持っている。と言うよりも、最も最先端の技術を持っているのはCIAのはずであり、そもそも、この技術を発展させているのもCIAだと思う。そ…

93 「電波による工作」CIAのアセット

CIAが日本で工作を行うためには、エージェントだけでは数が足りない。どれくらいのオフィサーとアンダーカバーエージェントが日本にいるかは知らないが、多くても数百…

94 「電波による工作」旧共産圏

電波操作の初期技術は1980年代までに確立しているが、それはソ連が電波の技術をほぼ持っていたことを同時に意味している。そして、その技術はロシアにも引き継がれて…

95 「電波による工作」公安

日本における電波工作において、公安は重要な位置を占めている。全ての工作に公安が関わっているとは思わないが、公安にはかなりの能力がある。動員できる職員の数だけで…

96 「電波による工作」公安のアセット

裏工作の種類によっては、公安は直接的に犯罪に関わっていないという体を取る必要があるときもあり、その場合は彼らのアセットを使う。それはCIAがCIAのアセットを…

97 「電波による工作」諜報機関のサブコントラクト

諜報機関が工作を外部化しサブコントラクトするのは日本国内だけの現象ではない。直接の職員ではない人たちに工作をさせれば、直接に違法行為をしなくて済むため、安易に…

abstract angelic art blast

98 「電波による工作」海軍コントラクター襲撃事件

2013年9月16日にワシントンで銃撃事件があり、12人が殺され、14人が負傷した。 この事件の実行者はほぼ精神を病んでおり安定剤を服用していたが、同時に電波…

99 「電波による工作」議会の速記者の不規則発言

それから丁度1ヶ月後の2013年10月16日にアメリカ上院の速記者が不規則な行動と発言を議会で行った。彼女は聖霊に啓示を受けていて、最終的に神の意志を受け入…

100 「電波による工作」電波とアメリカの大量殺人

電波の被害はアメリカでもあり、その中には複数の大量殺人がある。電波で大量殺人が起こされていることは間違いないが、問題はどれくらいの大量殺人が電波によって引き…

101 「電波による工作」マニピュレーション補助としての電波

一般的には、電波はマニピュレーションの補助として利用されることが多く、性質的には政治的工作に利用されている。その範囲は信用の毀損から病気にまで至る。最終的に…

102 「電波による工作」自衛隊のヘリコプター墜落

2015年に自衛隊のヘリコプターが立て続けに墜落した。2015年2月12日に鹿児島でOH6が墜落し、その後2月17日に和歌山でOH1が墜落した。この間隔で自衛…

103 「電波による工作」不思議な症状

電波の工作には限度があり、何でもできるのではないが、それでも電波によって人に多くの影響を及ぼせる。電波被害の難しさは、誰のどの症状が電波によるものか特定するの…

104 「電波による工作」電波によるマニピュレーションと犯罪

普通の人が電波工作の対象者になる可能性は低く、例えば、うつの症状が出れば、それは電波工作の結果よりも、まず、うつを疑うべきである。ただし、何らかの理由によって…

105 「電波による工作」スパイの暴走

日本の公安は実際に暴走しており、これまで多数の殺人を行っている。それが犯罪として認められないのは警察の組織内の犯罪だからと、その殺人の大部分が暗殺であり、事故…

106 「電波による工作」電波はいつから始まったのか

MKウルトラというCIAのマインドコントールプロジェクトがある。それは1970年代の前半まで続けられていた人体実験であり、それが表沙汰になったため、プロジェク…

photo of head bust print artwork

SP1 「電波操作」脳の電波操作

脳は電波によって操作できる。この事実を多くの人が受け入れる必要がある。このブログ自体はいろいろな理由があって書いているが、電波操作が多くの人に理解されること…

SP2 「電波操作」選択的な化学変化と電波

自分は脳の専門家ではないが、電波操作の方法論を理解するために何万時間も費やしたので、この問題の本質はかなり理解している。とは言え、専門知識という点では専門家…

SP3 「電波操作」小脳と攻撃性と恐怖感

攻撃性と恐怖感という感情は小脳にある。それが正確でなかったとしても、それらの感情は確実に後頭にあり、大脳辺縁系にはない。  それは攻撃性と恐怖感が後頭を冷や…

SP4 「電波操作」一次的感情

感情には複雑なものと単純なものがある。単純なものはほぼ脳内の単純な化学変化によって生み出されており、攻撃性と恐怖感もその単純な一次的感情である。そして、この一…

SP5 「電波操作」漠然としたストレス

漠然としたストレスも一次的感情である。ただし、自分が漠然とした感情と認識しているだけで、実は複雑な化学変化の可能性はある。 一方で、この漠然としたストレスは胸…

SP6 「電波操作」ポジティブとネガティブ

ポジティブとネガティブは一般的に認識されている感覚だと思うが、これも一次的な感覚である。ただし、他の一次的感覚と比較すると、これはもっと高次な感覚の可能性が高…

SP7 「電波操作」複数の一次的感情と脳の意思決定

ここまで述べてきたように、一次的感情は複数ある。そして、それらは独立の化学変化によってもたらされている。これらの感覚は人間の行動を決定する上で重要な意味を持っ…

SP8 「電波操作」後頭葉と気絶

最初に書いたFFF1シリーズの追加として、実際に起きている電波操作と脳に関する学問として公式に議論されている理論のブリッジになるような論説を幾つか書いた。そ…

SP9 「電波操作」まどろみを継続する電波と対抗

気絶するような電波とは別の眠たくなるような電波がある。ただし、自分は別だと思っているが、同一のものである可能性は否定できない。  自分が違う種類の電波だと認…

SP10 「電波操作」トワイライトラーニングの現実

トワイライトラーニングが存在することは経験として知っていたが、実際にこの方法を確認したのは、そういう実験が昔に行われていたのを読んだからである。  ただし、…

SP11 「電波操作」前頭前野9野と長期記憶

長い間、長期記憶へのアクセスを制限されていて困っていた。自分は毎日ピアノを弾いていて、基本的に覚え込んだものを弾いているが、長期記憶を制限されると運指が全く…